【Twitterでの投稿は閲覧されているのか?】

Webマーケティングの特徴の一つに、アクセス解析をすることが可能であるというのがあげられます。

 

例えば、冊子のカタログの場合、どのページを閲覧してくれているのかなんて調査できないですもんね。

 

さて、Twitterではどうでしょうか?

 

Twitterでの投稿がどのぐらいの方に届いていて、反応がいい投稿はどんなものなのか?気になるところですよね。

 

Twitterの機能で「アナリティクス」というのをご存じでしょうか?

アカウントをお持ちであれば、無料で利用することができます。

 

右上のプロフィール写真をクリックすると出てくるメニューの中に、「アナリティクス」というのがあり、クリックすると、別のタグで「アナリティクス」画面が表示されます。

 

 

日毎のインプレッションの推移や、投稿別の

・インプレッション(表示された回数)

・エンゲージメント(反応した回数)

・エンゲージメント率(エンゲージメント/インプレッション)

などが分かります。

 

写真を入れた投稿の方が反応がいいとか。

イベント系の投稿の方が反応がいいとか。

 

分析結果を検証しながら、次なるアクションを考えていくといいでしょう。

ちなみに、私は原則、週の初めに1回投稿しているのですが、やはり、インプレッションは、週初めが高く、段々下がっていました(当たり前ですね(笑))。

 

写真を入れてみたり、リンクを貼ってみたり、変化をつけてみることでどう反応が変わるか試してみたいと思います。

お問い合わせはこちらからお願いいたします。

↑労働基準広報(2012/1-7)

(連載)「知っておきたい!!中小企業のための情報セキュリティ」(全6回)

↑企業診断(2011/2)

 (特集)「思考の整理術」

↑企業診断ニュース(2009/1-3)

(連載)「経営に即役立つ!!中小企業のための情報セキュリティ」(全3回)

↑キーマンズネット 中小企業ITコラム(2012/1-5)

「情報セキュリティ」「BCP」「事業承継」(全12回)

↑ M&A案件情報DB

(株式会社ストライク様提供)

M&Aのご相談承ります!

↑中小企業診断士の広場

診断士および経営サポートの情報が満載!