2017年1月30日に「新木経営情報研究所」は、名称を「株式会社インフォクリエマネジメント」に改め法人化いたしました。

 

今後とも「株式会社インフォクリエマネジメント」をよろしくお願いいたします。

 

 

ビジネス競争力を高めましょう

中小企業のビジネス競争力を高めていくための支援を行います。

 

大企業に比べて中小企業は、経営資源(ヒト・モノ・カネ・情報)の利用において、制約が大きい。

しかし、経営資源の「情報」については、有効に利活用することで、その制約を乗り越えていくことが期待できます。

 

そこに「ビジネス競争力を高める」ヒントがあります。 

 

最も重要である「ヒト」。それに「情報」を融合させるアプローチで「ビジネス競争力を高める」お手伝いをしています。

 

                    新木経営情報研究所

                    新木 啓弘

(しんき よしひろ)  

 

「プロフェッショナル談」に取材いただきました。

「プロフェッショナル談」に取材いただきました。ありがとうございました。

 ↓

 中小企業のマネジメントシステムを支えて


従業員特性調査ツール「BasMos」(バスモス)

BasMosは、Basic・skill・Morale・surveyを合成した造語であり、「社会人基礎力診断」と「従業員満足度診断(いわゆるモラルサーベイ)」の機能を有したオリジナルツールです。
貴社の従業員の「社会人基礎力診断」12項目と、「従業員満足度」6項目を測定でき、今後の社員育成や経営力向上に役立つ情報を把握できます。

詳細は、従業員特性調査ツール「BasMos」(バスモス)のホームページを参照願います。

 

お問い合わせは以下までお願いいたします。

お問い合わせ

 

マイナンバー法対応の冊子ができました!

マイナンバー法への対応はいかがでしょうか?

 

マイナンバー法施行に伴い、企業として最低限やっておかなければならないことを整理した冊子を執筆させていただきました。

 

どうせやるならということで、マイナンバーだけの対応ではなく、これを機に、お客様から預かった設計図などの機密情報の管理や、不正競争防止法でいう営業秘密にあたる情報の管理などに幅を拡げて企業としてのリスク管理の一つとして取り組んでいきませんか?という内容になっています。

 

「マイナンバー法の施行にあわせて見直す!情報セキュリティの取り組み」

(全32ページ)

 

(目次)

1.情報セキュリティ事故の実態

2.情報セキュリティとは

3.マイナンバー制度における必要な取り組みとは

4.情報セキュリティの取り組み5つのステップ

5.不正競争防止法の3要件

6.万が一の際に素早く対応することができるか

7.PDCAを回していくために必要なこと

  

お問い合わせはこちらからお願いいたします。

↑労働基準広報(2012/1-7)

(連載)「知っておきたい!!中小企業のための情報セキュリティ」(全6回)

↑企業診断(2011/2)

 (特集)「思考の整理術」

↑企業診断ニュース(2009/1-3)

(連載)「経営に即役立つ!!中小企業のための情報セキュリティ」(全3回)

↑キーマンズネット 中小企業ITコラム(2012/1-5)

「情報セキュリティ」「BCP」「事業承継」(全12回)

↑ M&A案件情報DB

(株式会社ストライク様提供)

M&Aのご相談承ります!

↑中小企業診断士の広場

診断士および経営サポートの情報が満載!